切手を貼ってお手紙をだそう!

切手の総額面を調べてから切手買取に出すようにする

何も考えないで切手買取のお店に切手を出すよりも、切手の総額面を調べてから出すようにすることです。むしろ切手売却を化案が得るのであれば、総額面を調べることは欠かせませんし、やっておくべきことでもあります。切手の表面に印字されている金額の数字を、全ての枚数の足し算をして、切手はいくらになるかの計算です。それぞれの切手には金額が表面に印刷をされていて、郵便で封筒に貼る際にも、必要な送料の切手を貼ります。全部の切手の総合計を出してから切手買取店へ持って行ったほうが良いのは、場合によっては総合計よりもかなり安くなるためです。もちろんすべての切手が安くなるとは限りませんし、全ての業者が安値を付けるわけではありません。買取業者の査定方法は違いますし、働いている専門スタッフの査定も違うので、総額面の半額くらいになることも考えられる頃です。総額面を把握しておけば、半額以下などの納得のいかない査定時には断って、コカの業者への査定に出すことができます。